冒険に出よう

おすすめの仮想通貨の取引所は?

人気の大手取引所合計18社から厳選した

「TOP3」をご紹介致します。

あなたの大切な資産を預ける取引所ですから

取引所の安全性」、「取扱い通貨の将来性」、「手数料の安さ」がとても大切です。

ビットくん

博士、取引所って全部同じじゃないの?
どこの取引所を使うかによって資産の増え具合が全然違うのじゃ。自分に合った取引所を選ぼう!

仮想通貨博士

取引所と販売所の違いって?

まず皆さんに一番知っていただきたいのが、取引所と販売所についてです。厳密に言うと、取引所の中に販売所が分類される形となります。

要は、誰と取引するかが重要なのです。

取引所ではユーザー同士が注文を出し合い、ユーザー同士での売買となります。

そのコインを売りたいユーザーの売値と買いたいユーザーの買値が一致した際に売買は成立します。Zaifが典型例です。

それに対して販売所は個人とそれを運営する会社とのやり取りになります。販売所が提示してる価格でそのまま購入します。GMOコイン、bitFlyer、Coincheckがその典型例です。

 

第1位 Zaif

 

Zaif
使いやすさ
(3.5)
手数料
(4.5)
仮想通貨の種類
(4.0)
知名度
(4.5)
おすすめ度
(5.0)

 

Zaifは日本の会社であるテックビューロ社が運営する取引所です。知名度はCoincheck、bitFlyerと比べると低いかと思いますが実は、ユーザー同士の売買ですので手数料が販売所と比べると安く、さらに扱っているコインも豊富です!

Coincheckの問題が起きてしまった今、同じ日本発の取引所としてそこのユーザー達がZaifに移動してくると予想されます。ユーザーが増えるほど売買も活発になり、コインの価格も上がっていく事が期待されそうです。

さらに、定の条件を満たすとログインするだけでボーナスがもらえるといった特典や、定期積み立ての機能Zaifのみのコインなどもありなかなか興味深く使っていて楽しく投資できる、メリットが多い取引所となっております。

気になる方はコチラ↓↓

《Zaifトークン》Zaft(ザフト)とは?今後期待できる仮想通貨を解説!!

Zaifコイン積立って最強の投資方法じゃね!?メリット・デメリットを徹底解説

特に長期保有や大量の売買する場合は、ここの取引所を利用するといいでしょう。

登録してから本人確認書類が届いてからの利用開始となりますので、少しでも気になっている方、是非お早めにご登録ください!

 

 

第2位 Binance

Binance
使いやすさ
(3.5)
手数料
(5.0)
仮想通貨の種類
(5.0)
知名度
(3.5)
おすすめ度
(4.0)

Binanceは設立からわずか半年で24時間の世界取引量が1位になったことがある中国大手取引所です!!

何と言ってもこの取引所の最大の特徴は約30種類の仮想通貨を購入できる圧倒的なコインの種類の豊富さと手数料の安さです!!

日本では買えないお宝コインが山ほど眠っており、仮想通貨で一獲千金を狙いたいなら必ず開設しておきたい取引所です!

もちろん日本語対応ですので入金、出金を問題なく行うことができます!!

日本人ユーザーがまだ少ないため情報収集などの点に関してはZaifに劣りますが、手数料が圧倒的に安いので、Zaifを使いながらこちらも開設し、徐々に移行して使っていくことをお勧めします。

登録は下記のページを開き、画面右上のRegisterというところを押すと出来ます!

 

第3位 GMOコイン

GMOコイン
使いやすさ
(4.0)
手数料
(4.0)
仮想通貨の種類
(4.0)
知名度
(3.0)
おすすめ度
(3.5)

GMOコインは上記の2つとは異なり販売所となります。取引所ではユーザー同士の取引ですので必ずしも希望の価格で売り買いできないこともあります。

しかし販売所では常に決められた価格で欲しい分を確実に購入する事が出来、特に初心者にとって使いやすいのはメリットですね。

通常ですと販売所は取引所より手数料が高いことが多いですが、GMOコインは販売所の中では手数料が安いです。

さらにハイレバレッジ設定があったりして、短期トレードをしたい方にとっては興味深い販売所となっています。

仮想通貨初心者のかたはGMOコインをまず開設して慣れて欲しいなと思います。慣れて来ましたら同時にZaifを開設し使っていく事をお勧めします(^^)

登録する際は上記のGMOコインの画像をクリック!

 

 

以上、3つの取引所をお勧め順にご紹介しましたが、どこを利用したら安いかどうかは人それぞれの使い方や投資額などによって変わってきますので一概には断言できません。

そのときのコインの動きや需要、供給によって異なります。なので、とにかく複数の取引所・販売所で口座開設をし、それぞれでの価格を見比べてみることをおすすめします

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です