冒険に出よう

【初心者向け】たった3分で分かる!仮想通貨とは?

みなさん、 「ビットコイン」ってワードは少なからず耳にしたことがあるかと思います。

2014年に起きた「マウントゴックス事件」によってビットコインが大きくマスコミに取り上げられその知名度を上げたとされています。この事件は東京のビットコイン取引所である”マウントゴックス”で115億円相当のビットコインが消失したというもの。これによってビットコインは世間で有名になったもののそのイメージはマイナスでした。

しかし!

最近では、ビットコインの価格が急上昇し、ニュースやSNSなどでかなり話題になったことも記憶に新しいと思います。

 

このビットコインは「仮想通貨」と呼ばれるものの一種です。

ビットコイン、仮想通貨…聞いた事はあるけど具体的に何なのかよく分からない・・・(;_;)

安心してください。私も経済や投資の知識が全く無い状態でした。このサイトではそんな私が初心者でも分かりやすいように、難しい言葉は一切無し!重要なポイントだけを絞って端的に説明します!!

仮想通貨とは?

仮想通貨とは一言でいえば、紙幣や硬貨などの実体がないコンピューター上のバーチャル通貨です。英語ではcrypt-currency(暗号の通貨)とも言われ、正式には暗号通貨と言うようです。

仮想通貨(かそうつうか)とは法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。ーWikipediaより

ここで、法定通貨とは日本では円、アメリカではドルといった、国家がその信用を裏付けている通貨のことです。よく分からない方もいるかと思いますが、仮想通貨をイメージしやすくするために法定通貨と仮想通貨の違いを見てみましょう!

仮想通貨と法定通貨の違い

①実体の有無

②発行源の違い

→法定通貨は国家、仮想通貨は発行元がなくコンピューター上のプログラムに沿って発行される。

③発行量の上限の有無

→法定通貨は上限なし(各国の金融政策次第で決定される)、それに対し仮想通貨は上限あり。

④信用性の違い

→法定通貨は各国が信用を裏付け、仮想通貨はそのプログラムの信頼性に依存(法定通貨の信用性が低い国では仮想通貨のほうが信頼できる場合もある)

ここまで読んだあなたは、普通に存在している法定通貨のほかに仮想通貨を作る必要はあるの?と思うかもしれません。しかし仮想通貨には当然メリットがあるのです!

仮想通貨のメリット

仮想通貨にとって何と言っても一番のメリットは送金しやすいことです。

現代の日本では送金すると翌日には相手に届いていることが一般的で手数料も比較的安いですが、アメリカなど日本以外の国では送金に何日もかかったり、手数料もものすごくかかるそう。とくに国際間での送金にはかなりの手数料が発生してしまいます。

そこで、仮想通貨を使うと手数料が大幅に安くなり、時間も土日祝日等関係なくほんの数時間で相手に届くのです。つまり仮想通貨を使う事で送金が早く・安く・簡単行う事が可能となったのです。

(クローズアップ現代より)

また、仮想通貨でのやりとりは全て匿名で行われることや、国の経済状況に依存しないことなどもメリットとして挙げられます。

これに対しデメリットとしては、価格の変動が大きいこと・ハッキングのリスクがあることなどが挙げられます。

仮想通貨のメリット・デメリットについて詳しくはこちらをご覧下さい。

投資としての仮想通貨

世間一般で投資といえば真っ先に思いつくのが株式だと思います。次にFXなどが上げられるでしょう。しかしなぜ最近仮想通貨への投資が流行ってきているのか。大きく3つの理由が考えられます。

①誰でも簡単にはじめられる

投資してみたいけど、株やFXは難しすぎて無理・・・と思う人も多いと思います。これらは為替相場やチャートを読む力がないといくら投資しても全く利益にならないどころか損失ばかりになってしまいます。

しかし、仮想通貨は口座を開設して買って保有しておく、ただそれだけでいいのです。

特に最近は仮想通貨全体が上昇傾向にあるので、少額でいいからとりあえず買ってみるといいと思います。また日本ではビッグカメラをはじめとするお店で決済に使用することも出来、持っているだけで様々な場面で活躍してくれます。

②大きく稼げる可能性がある

仮想通貨は株式と比べて価格変動が大きい(ボラティリティが高い)傾向にあります。ビットコインを例に見てみましょう。

2015年1月から2017年1月まででおよそ10倍になっていることが分かります。
いま、仮想通貨の需要が高まっている中、まだまだ価値は上がると予想されます。ビットコインのみならずほかの仮想通貨も同様のことが言えますね。

③将来性がある

仮想通貨は需要があがるほど、その価値も上がります。
仮想通貨のメインとなるビットコインが誕生した頃と比べ、現在ではその需要が増え何倍もの価格となりました

財産を仮想通貨に替えていれば国のインフレによる法定通貨の価値が下がって場合でも、自分自身の資産はさほど減りません。このように資産を分散しておく、分散投資として利用する人もいます。

さらに、仮想通貨を決済に使えるお店はビックカメラを初めとして増えてきています。これから先需要が高まれば、より多くの店舗で仮想通貨が使えることになるでしょう。

こういった理由からちょうど今、仮想通貨ブームが来ていると言っても過言ではありません!つまり、需要が増加傾向にあるのです。

 

ここまでで仮想通貨の大まかな解説をしましたが、より詳しく知りたい方は関連記事をご覧下さい。

最後までご覧頂きありがとうございました(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です