冒険に出よう

仮想通貨は詐欺?安全? 徹底解説!

最近、仮想通貨をテレビのニュースで目にする機会は増えたのではないでしょうか?

お札や硬貨と違って目に見えないものなので、仮想通貨は本当にお金としての価値があるのか疑問を抱く人もいるでしょう。

世間的に仮想通貨が「怪しい」「胡散臭い」「詐欺」というイメージを持たれるようになったのは、2011年に起こったマウントゴックス事件がきっかけだと言われています。

当時、マウントゴックス社に預けていた人のビットコインが突如消えてしまったのです。

この事件の真相はマウントゴックス社長のマルク・カルプレス氏が取引所に預けられていたビットコインを盗んでいたのです。

社長自身が盗むなんて本当に信じられないですね。

そこで、仮想通貨が本当に安全であるか?について調べてみました。

スライム

仮想通貨は円やドルと違って中央銀行や政府のような発行したり管理する組織がいないんじゃ。そのゆえ、最大発行枚数が定められており金と同じく需要と供給によって価値が決まるというわけだ!

 

ブロックチェーンによる改ざん防止

仮想通貨の最大の特徴は何といっても

ブロックチェーンです。

これは分散型台帳を作る技術を意味しています。

簡単に説明すると、

世界全体で仮想通貨の取引状況を管理して、データの「改ざん行為」や「紛失」を防ぐことができるとても便利な技術なのです。

このおかげで、どこか一か所でもデータが壊れたとしても、みんなでデータを蜘蛛の糸のように共有し合ってるのですぐにデータを復元できるのです。

そして、もしも不正な取引が行われていたならばすぐに発見できるのです。

安全性の高い国内の取引所

運営者は海外の取引所も含め多くの仮想通貨取引所を開設しました。

◎「セキュリティーの高さ

◎「倒産のリスク

◎「取引手数料の安さ

を考慮した結果、

次の2つの取引所に落ち着きました。

それはコインチェックザイフです。

この二つの取引所は本当にお勧めです。

両社とも、二段階認証システムを取り入れており、不正ログインを防止することができます。

一定時間ごとに、6桁の暗唱番号が変わるため、ハッキングされるリスクがほぼゼロになりました。

もちろん、この6桁の暗証番号は本人にしか確認できません。

また、

コインチェックでは不正ログインによる被害で万一資産が失われてしまった場合、100万円まで補償してくれるそうです

 

まとめ

仮想通貨自体に危険はないと言うことは分かったのではないでしょうか!

日本人は保守的な人が多いので、仮想通貨が日本で普及するにはまだまだ時間がかかりそうですね。

ここだけの話ですが10年以内、早くて5年以内にはお金がすべて仮想通貨に代わるらしいです。

理由としては、日本の某銀行ではRippleをお金の基準にするために大量に買い占めてるそうです。。。

まだ確定ではないですが、近い将来仮想通貨がお金の主流になるのは間違いないでしょう。

仮想通貨を始めてみたい方は以下のボタンをクリックしてみてください(^^)/

また以下の取引所はRippleも取り扱ってます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です