冒険に出よう

仮想通貨のメリット・デメリットは?本当に買って大丈夫なの?

最近投資としての人気がどんどん出てきている仮想通貨ですが、実際に投資することで何が良いのか?また、気をつけるべきことは何なのか?そのメリットとデメリットを簡潔に分かりやすくまとめてみました。

メリットとデメリット一覧

メリット デメリット
少額から投資できる ①ハッキングリスク
大きく儲けられる可能性がある ②市場の小ささ
中央機関に依存しない ③保護されていない

メリット

①少額から投資できる

株式だと100株単位での投資が基本となるので、1株1000円だとしても最低10万円は必要ですよね。特に人気企業の株だと1株の値段自体が高いものも多いです。

それに対して仮想通貨は少額から購入できます。例えばビットコインを例にとると、最小取引単位は0.00000001BTCです。

ん?何だこれは?と思う方もいるでしょう。例えば円の最低額は1円ですが、0.0000001円という単位が存在し、180.1555555円で物を購入することがあるようなことが、ビットコイン(単位はBTC)では当てはまるのです。

この最低単位をビットコインの開発者の名前をとって、1Satoshiと言います。
(1Satoshi=0.00000001BTC)

しかし実際に取引する場合は、1Satoshiでは買えず各取引所によって決まっています。代表的な取引所とビットコインの最低価格がこちらです。

Coincheck 0.005BTC
bitFlyer 0.001BTC
Zaif 0.0001BTC

また12月6日現在のビットコインの平均価格は日本円でおよそ140万円です。

国内利用者数No.1の取引所であるCoincheckを例にとると、 0.005BTC×140万=7,000円、つまり7,000円から購入できます。

仮想通貨の中でビットコインが最も価格が高くて7,000円です。では他の通貨はどうでしょうか?

ビットコインの次によく耳にするリップル(Ripple)について、Coincheckでは10XRP(XRPはリップルの単位)から購入できます。現在1XRP=約26円なので、10XRP×26=260円から買えちゃいます!

株式と比べるとグンと安い事が分かりますね!

②変動が大きいので大きく儲けられる可能性がある

価格変動が大きいことボラティリティが高いと言います。

他のFXなどの投資では、このボラティリティが低いので、多くの額を投資しなければなかなか利益が出ません。それに対して仮想通貨は少額しか投資していなくても大きく変動し、かなり儲けられるチャンスがあります。

もし、価格が暴落したとしても投資額が株式やFXと比べて少額傾向にあるので、損失もさほど大きくならないと言われています。

③中央機関に依存しない

法定通貨は中央銀行が国の経済状況に応じて通貨を発行するのに対して、仮想通貨は発行量はあらかじめコンピューター上のプログラミングによって決まっています

そのため、ハイパーインフレーションのように仮想通貨が出回りすぎてその価値が下がる、といった事態はまず起きません。(過去の世界経済の歴史の中で、紙幣が紙切れになった、億単位で一枚の紙幣が誕生したなどの事例があるのはご存知のことでしょう)

デメリット

メリットがあれば当然デメリットも存在します。

①ハッキングリスクがある

仮想通貨はコンピューター上のものなので、常にハッキングのリスクを伴います。実際にビットコインは過去に何度かハッキングされる事件も実際に起きています。

日本だと特に銀行や証券会社への信頼が高いので、資産を銀行に預けておけばまず安心する方が多いでしょう。それに対して仮想通貨の保管場所である取引所はハッキングされるリスクを考えると信頼しきっていいのか、不安があります。

そんな方にはウォレットといった個人で保管するものを作成することが出来ます。ウォレットを作ってしっかりと手元に保管しておきましょう。

②市場の小ささ

仮想通貨は株式、FXに比べるとトレード対象としてはまだ新しく、利用者が少ないので市場が小さいです。そのためマネーの動きが読みづらく、ちょっとした事で大幅に変動することがあります。長期的な投資を見込むにはやや難しいかもしれません。

また、利用者が少ないと売買の成立もしずらいことも欠点です。

③保護されていない

株式やFXではしっかりとした法規制が整っているため、元の業者が倒産してしまっても、自分の預けた資産はしっかりと返ってきます。しかし仮想通貨市場にはそういった規則がなく、しかも法定通貨とは異なり発行元が存在しないので、その価値を保証するものは、その需要に次第というなんとも不安定な存在なのです。自由に手に入れられる代わりに自分の責任で管理しなくてはならないのです。

しかし逆に考えれば、インフレなどによって法定通貨の価値が落ちた時、仮想通貨の方がその国で価値のある通貨となる場合もあるのです。

おわりに

投資にメリットとデメリットの二面性があるのは当然の事だと思います。投資によって特した人もいれば損した人もたくさんいます。

しかし、しっかりと知識を身につけ、よく考えたうえで投資を行えば利益になるため投資というシステムは無くならないのです。ちょうど仮想通貨ブームがいま来ている中、仮想通貨についての知識を身につけた上で、このブームに乗じてはじめてみてはいかがでしょうか。

まずはCoincheckに登録をしておくことをオススメします。投資しなくても登録のみで、価格変動を分かりやすくチェックできます。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です