冒険に出よう

ビットコイン200万円台突入へ!?ビットコインの将来は?

 

 

12月13日現在のビットコインの価格です。

私はいつもコインチェックで確認していますが、見てびっくり!もう200万円台突入寸前ですね!

人工知能が出した予測では、200万円を超えるのは来年の秋だったはず、、(笑)

このペースでいくと来年の今頃には500万いってたりして|д゚)

あれ?よくみると12月8日に一度突然200万超えを記録しています。これは突然価格が上昇したのですぐ売り払った人が多数いたんですね。なので一瞬の出来事でした。6日から8日への伸びが驚くほど大きかったのでここで価値が落ちる前に我先に売った方はかなりの利益を得てますね~

それにしてもここ1ヵ月の伸び率、特に100万円を越えてからの伸びが異常ですね。なぜこのような事態になったのか分析してみました。

みんながビットコインを信頼するようになった!

 

ビットコインをみんなが買うほど知名度は上がり有名になっていきます。みんなが買っているという事実は、知名度の増加とともに信頼も増します。信頼できるようになると購入する人は更に増える、この繰り返しで需要がどんどん上がってきています。

例えばビットコインがハッキングされたというニュースは何度か耳にしたことがあるかと思います。
コインが盗まれたという事実は裏を返せばコインに価値があることを表しているのです。価値があるから欲しいと思って盗む人がいるということですね。

また、人々の仮想通貨への興味は日に日に増しています
とくに多くに影響与えるTwitterでは仮想通貨に対するツイートが急増しています!

 

興味が広がることで、買いにつながる。とくにSNSが発達した現代社会ではこの事実が、ビットコインを含む仮想通貨の需要を増加させている大きな要因です

支払い方法としての利用が加速

ビットコインを決済に使えるお店も増え、例えば今月13日には既に店舗での決済を導入していたビッグカメラが、新たにネット通販でもビットコインを使用できるようになりました。

さらにアメリカの大手オンラインゴールド販売店であるAPMEXも8日、ビットコインによる支払いを開始することを発表しました。

仮想通貨のメリットに、決済が簡単でスムーズに出来、かつ手数料も通常の支払いと比べて少ない点があります。ですのでより多くのお店が仮想通貨での決済を導入することは、私達買い手からすると有難いことなのです。

期待が市場を拡大する!

今猛烈な勢いで広がっているビットコインですが、その市場はまだ小さいと言えます。

しかし、仮想通貨が発展して行っているいま、この市場はきっともっと拡大するだろうと期待する人々がどんどん購入しているのです。

実際にビットコインを始めとする仮想通貨の話を耳にする機会は増えました。
よく考えれば二年前はビットコインというワードすら全く出てこなかったのにみんなそれだけ興味が湧いてきたんですね。

やはり、知名度が上がり有名になった今こそ、買い時です!とくにビットコインもどんどん価値が上がってきています。

仮想通貨を買うなら額の半分以上はビットコインに費やせ!

ビットコインはいわずと知れた仮想通貨の代表格!

仮想通貨を決済に使えるお店では必ずといっていいほどビットコインが使えます。

下の新聞では多くのお店でビットコイン決済が可能になると書いてあります!

また、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)を購入する際にビットコインを介して購入するが基本!!

ビットコインを持ってないと、これから伸びる有望なコインを買えないのです。

つまり、仮想通貨ブームの根底にはビットコインの存在があるのです。

私の投資術としては、ビットコインに半分費やし、残りの額でリップル、ネム、イーサリアム、モナコインなど他のアルトコインを買うことを推奨します!!!!

なぜか???

ビットコインの推移チャートを見れば誰でもわかります!

こんな綺麗な上昇直線見たことありますか?

他のコインと違って、値動きが激しくなく安定的に上昇するので仮想通貨素人でも楽に稼げてしまうのです|д゚)

いろんな通貨の動きを予想して楽しみながら投資してみるのも良いですね。初心者の方で投資には自信ない・・・という方はまずは少額投資からはじめてみましょう。少額から投資できるのも仮想通貨のメリットです。

初めは、5万円ぐらいの投資がおススメです!!

私も5万円から初めて、簡単に20万円までいきました。

投資をはじめるならcoincheckがオススメです。

特に初心者の方におすすめです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です