冒険に出よう

ガクト(GACKT)が仮想通貨ICOに参加?SPINDLE(スピンドル)とは??

2017年12月26日歌手でタレントのGACKTさんが仮想通貨事業に参画していることを発表!!どうやこの仮想通貨事業というのは仮想通貨ICOのSPINDLE(スピンドル)のようですね!

しかも本名の大城ガクトの名義で何かを行うことは初めてだそうです。GACKTさんの本気度が伝わってきますね。

それにしても仮想通貨ブームが到来している今、GACKTさんほどのみんなが知っている著名人が仮想通貨への思いを公言してくれることで仮想通貨の未来が大きく良い方向へ向かっていくといいですね。

仮想通貨やビットコインという言葉を聞くと不信感や疑問を覚える人はまだまだ世の中にたくさんいるみたいじゃな…

仮想通貨博士

ビットくん

でもまだわからないことが多いよ博士…そもそも仮想通貨ICOってなに?
よし、丁寧に説明していくかの!仮想通貨について一概に否定する人もいるがそれは違うと思うんじゃ。しっかりと仮想通貨について知った上で初めてどう思うか自分の考えを述べられると思うんじゃ!知ることが大事じゃよ。

仮想通貨博士

そもそも仮想通貨ってイマイチよくわかってないかも…そんな方はこちらをご覧ください→【初心者向け】たった3分で分かる!仮想通貨とは?

気になるのはSPINDLEの内容と、なぜGACKTさんがそれを手掛けたのかですね。徹底解説していきましょう!!

仮想通貨ICOってなに?トークンって?

ICOとは「Initial Coin Offering」のことで、クラウドセール、トークンセールとも言います。

株式を発行して買ってもらうことで会社が資金を得るのと同じことで、資金調達を行いたい会社やチームが仮想通貨を発行する事で資金を調達します。

仮想通貨のICOでは「トークン」と呼ばれる仮想通貨を発行し買ってもらうことで資金調達をします。

企業側は多くの資金を用意する必要がなくなる上、短期間で多額の資金を得る事ができます。この得られた資金は研究費や開発費に当てられ、より多くの資金を得られるほどその通貨は信頼の出来る、価値のあるものへと変わっていくのです!

でもそれだとICOに参加する側のメリットが気になりますよね?

もちろん、購入したトークンの価値が上がり高騰すれば、多くの報酬が得られます。これも投資の一種で、みんな当たりそうなトークンを選んでICOに参加しているわけですね

このときの資金は何に使うために集めているのか、もちろん具体的な利用方法や資金を買ってくれた方へのお礼の仕方などは各プロジェクトの公式ホームページにしっかりと記載されています。

GACKTさんはなぜ仮想通貨ICOを始めようと思ったの?

ビットくん

そもそもGACKTさんはなんでICOを始めたの?

GACKTさんは2020年の東京オリンピックが終わったときに日本経済が落ち込むのを危惧して、仮想通貨における投資の優位性をみんなに伝えたいと思ったからなんじゃ!

仮想通貨博士

GACKTさんのブログでは以下のような事柄が書かれてありました。

【仮想通貨】と【ブロックチェーン】の出現により世界は国境を超えて変わろうとしていること。

10年後紙幣もなくなる世界が訪れたときに経済は国単位の支配から世界単位の支配に変わるだろうということ。

その時に仮想通貨の存在が重要となってくること。また、仮想通貨の可能性は無限にあること。

特に仮想通貨における投資の優位性をみんなに気付いて欲しいこと。

少し抽象的で難しいと思う方もいるかもしれませんが、私自身はGACKTさんの考えは一つの意見としてはとても納得のいくものだと思いました。

なにより、こういった影響力のある著名人が自らの考えをしっかりと述べ、それを実行しようとする姿勢が大事だということを実感させられましたね。

ブログの内容で特にGACKTさんが日本の経済についてこう述べています。

「日本人は働くこと以外にお金を稼ぐことを知らない人が多い。それだと国の経済が悪化した時に国民がみんな負の方向に向かってしまう。

稼ぐ方法の一つに”投資する”という手段があることは大事なこと」

GACKTさんのブログはこちらです。

SPINDLEってどういうICOなの?

 SPINDLEの公式サイトからホワイトペーパーを読んだところ、かなり内容が難解な文章で書かれてありました。。。

大まかにいうと、SPINDLEはブロックチェーンとスマートコントラクト技術を用いた仮想通貨の投資や運用を行うようにするためのプラットフォーム。

簡単にいえば

ブロックチェーン上に契約情報などを記録する機能

が使えるようになります。

この機能は今までのコインにはない革新的な技術です。

ビットコインの場合、ブロックチェーン上には取引状況しか記録されません。

しかしスピンドルでは

運用者の運用計画書運用履歴運用成績

などの詳細な情報をブロックチェーン上に記録することができるのです!

こうすることで、不正な取引や、虚偽の投資を防止することが可能になります。

SPINDLEの今後の予定!~ROAD MAP~ 

ここが一番のキーポイント!

2017年12月    : ホワイトペーパー公開

2018年4月    : クラウドセール開始(全世界向け)

2018年5月以降  : SPDトークン発行開始。取引所上場(ICO)

クラウドセールでは割安で購入することができるチャンスです。ここで大量に購入することをオススメします!

もしもSPINDLEが取引所に上場すれば、価値が何十倍にも跳ね上がります。

SPINDLEに対するみんなの反応 

twitter上では怪しいと思っている方も結構いる様子…ICOのホワイトペーパーやその説明にあいまいな部分がまだ多々あるようですね。

このICOへの参加については私自身は特に否定も推奨もしないつもりです。

今回のGACKTさんが仮想通貨事業に乗り出したことは、そのICOの中身云々というよりはより多くの人が「仮想通貨」について興味をもち、知ろうとすること、仮想通貨に対する世間の反応が変わっていくこと、その事実が何よりも大切だと思っています。

SPINDLEの購入方法!

残念ながら、現時点では購入することはできません。

2018年4月のクラウドセールで購入可能です。

購入するためには、日本円ではなくビットコインが必要となります。

ビットコインを手に入れるためには、仮想通貨の取引所を開設しなくてはなりません。

まだ取引所を開設していない方は、

コインチェックザイフGMOコインを開設しましょう。

3社とも信頼のおける素晴らしい取引所なので、すべて開設することをオススメします。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

オススメのICO

今話題でオススメのICO案件がREGAINです。12月22日からちょうどトークンセール第一弾が始まっており、まもなく目標とする資金が達成して終了間近みたいです。

まだ悩んでいる方、トークンセールは4段階ありますが早ければ早いほどもらえる報酬が増えますので、ちょうど一番最初のセールをしている今買っておくことをオススメします。

詳しくはコチラ↓↓

【仮想通貨ICO】REGAINに参加すべし!!報酬が高額な良案件!

 

また、トークンセール第一弾は終わってしまいましたが2月に第二弾が行われる案件としてMOOVERもオススメしています。

第一弾はかなり好評だったそうであっという間に資金達成したMOOVERですが、次のトークンセールへの参加を少しでも考えている方。登録のみなら無料で簡単にできるので、次のセールを逃さないためにも登録だけでもしておくことをオススメします。

詳しくはコチラから↓↓

【仮想通貨ICO】MOOVERを見逃すな!!初心者にも分かり易く解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です