Monopoly(モノポリー)徹底解説/レビュー『ベラジョンカジノ』

モノポリーは、前回の記事で紹介したDream Catcher  (ドリームキャッチャー)に人生ゲームの要素が加わったマネーホイールゲームです。

ボーナスゲームを獲得すると、とんでもないオッズ(500倍、600倍)を手にすることができる恐ろしいゲームです。

モノポリー はベラジョンカジノで最近追加されたライブカジノゲームなので、プレイヤー人口もかなり多いです。元々はアメリカで大流行した『人生ゲーム』で、任天堂Switchでもプレイでき、結構有名なボードゲームだそうです。

モノポリー(英語:Monopoly)は20世紀初頭にアメリカ合衆国で生まれたボードゲームの一つである。プレイヤーは双六の要領で盤上を周回しながら他プレイヤーと盤上の不動産を取引することにより同一グループを揃え、家やホテルを建設することで他のプレイヤーから高額なレンタル料を徴収して自らの資産を増やし、最終的に他のプレイヤーを全て破産させることを目的とする。

Monopoly(モノポリー)とは? 『ルール説明』

ルールはとっても簡単で、ドリームキャッチャー同様、司会者がルーレットを回しどの数字に止まるかを予想するゲームです。

見事予想が当たると、その数字の倍率の払い戻しがあります。

ミスター・モノポリーのボーナスゲームを獲得するには、ルーレットが【2 Roll】もしくは【4 Roll】に止まり、そこにベットをしていたらボーナスゲームに突入します。

 2Rollだと2回サイコロ振れて 、4Rollだと4回サイコロを触れます。

ボーナスゲームに入ると杖を持った髭ズラのハット帽おじさんが出てきてサイコロを振ります。止まった場所に書いてある数字の倍率が払い戻しされます。

ベット額に応じて、停まった場所の数字の倍率のボーナスが獲得できるワケです。 ゾロ目だとサイコロを+1回振ることができ、100、200倍などの大きなオッズを狙うことができます。4Rollのボーナスゲームの一撃で100万勝ちする人を何度も見てきました。。。 

人生ゲームしてるみたいで、本当に面白くてハマります!!正直、スロットより退屈しなくてオススメです。

Monopoly(モノポリー)の配当表 『攻略』

区分の数は全部で54個あります。そのうち1の配当が22個あって40%の確率で当たります。モノポリーの還元率は96.23%でドリームキャッチャー とほぼ同じ水準です。Chanceの部分に止まると、再スピンを行い配当が10倍、8倍、5倍とランダムに起こります。

POINT!!
オンラインカジノ:95%〜

パチンコの還元率:70〜80% 

宝くじの還元率:50%

モノポリーとドリームキャッチャーはどっちがオススメですか?

個人的にはモノポリーですね。一撃がとんでもなく大きいからですね。

Monopoly(モノポリー)の始め方は? 『ベラジョンカジノ』

ベラジョンカジノのライブゲームでモノポリーを始めることができます。まずはベラジョンカジノに登録しましょう。

【公式】ベラジョンカジノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です