大手キャリアは大損!おすすめ格安SIMで節約。メリット、デメリット『徹底解説』

どうも、TAKAです。

多くの方は大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)に契約していると思います。以前の私もそうでした。

大手キャリアのままだと、月に5000〜6000円も損している可能性があります。

SIMカードとは、スマートフォンの中に挿されている小さなICカードです。通常、インターネットや通話する際に必要です。端末だけでは、これらの機能は利用できません。(Wi-Fi使用時を除く)

タケルくん

格安SIMって何なの?
簡単に言うと、格安SIMとは大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)以外が出している低価格で利用できるSIMカードです。

TAKA

 

タケルくん

みんな大手キャリア契約解除して、格安SIM利用した方がお得じゃん!
はい、多くの方は格安SIMを利用した方が断然お得です。しかし、格安SIMにもメリット、デメリットがあります。そこを今から解説していきます。

TAKA

格安SIMと格安スマホはほぼ同じ意味として捉えていいです。

格安SIMのメリット

①格安SIMは大手キャリアに比べて5000円も安い!

格安SIMの最大のメリットがなんといっても価格の安さです。

大手キャリアの平均月額が7000〜8000円なのに対して、格安SIMは2000〜2500円です。

月に5000円も節約することができます。

年換算にすると、おおよそ6万円も節約できてしまいます。

6万円あれば、沖縄旅行、東南アジアなどの海外旅行に余裕で行けちゃいますね。

TAKA

②2年縛りがなく、自由に通信事業者を変更できる!

一般的に、大手キャリアですと2年契約が当たり前です。もしも、2年以内に契約解除したいなら、高い解約金を払わなければいけません。

一方で格安SIMの場合は、いつでも好きなタイミングで契約解除でき解約金も一切かかりません。

海外転勤や出張の多い方は、2年縛りの定期契約はあまりおすすめしないです。

③ニーズに合った豊富な契約プランが選べる!

大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)では契約プランの中身に差がなく、自分に最適なプランを選ぶことが難しいです。

しかし、格安SIMを扱う通信事業者は、現時点で100以上あり

『動画を多く見たい』『インターネットを多く使いたい』『電話はあまりしない』

などの個々に合った最適なプランを選択することができる。

格安SIMのデメリット

①通信速度が遅くなる時がある

格安SIMの場合、大手キャリアの通信回線よりも若干弱いため、ユーザーが多く利用するお昼の時間帯、7時〜9時の時間帯は通信速度が遅くなる傾向があります。

インターネットやSNSの利用ではそこまで影響は出ないみたいです。動画を見る方はデータ受信料が多いため視聴が困難になります。

日頃からWi-Fiを利用してる方は、全く問題ないです。

②大手キャリアのメールアドレスが使えない

大手キャリアのメールアドレス(@docomo.ne.jp,@softbank.ne.jp,@ezweb.ne.jpなど)が使えません。

今はLINEやGmail、yahoo mailなどが普及しているので殆どの方には影響ないと思いますが。

大手キャリアのメールアドレスをどうしても使わなければいけない方は要注意です。

③電話料金が高い

大手キャリアでは国内電話、同一機種なら定額かけ放題プランが用意されていますが、格安SIMでは定額のかけ放題プランは存在しません。

仕事上、電話を頻繁にする方は大手キャリアのままがいいでしょう。

それ以外の方は、LINE電話、skypeなどを使えば通話料金はかからないので長電話しても大丈夫です。

格安SIMに向いてる人

格安SIMにはメリット、デメリットがある事を説明してきました。

お金に余裕があって、生活に困ってない方は大手キャリアの方がいいです。

それ以外の7〜8割の方は格安SIMの方がコスパが絶対いいです。

格安SIMに向いてる人
  1. 普段からあまり電話をしない
  2. WiFi環境が整ってる
  3. 大手キャリアのメールアドレスを使用しない
  4. 生活費がギリギリで節約したい
近年、オリンピックの影響もあってか、Wi-Fi環境がどんどん整ってきています。節約したい方は格安SIMに乗り換えてみてはいかがでしょうか!

TAKA

おすすめの格安SIM会社

【公式】J:COM 

格安SIMで悩んでる方は、J:COMモバイルがおすすめです。格安SIMが900円から使えます!クリックしてサイトに飛ぶと携帯代のシミュレーションが行えます。

TAKA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です